2011年11月20日

スキンバリアがアトピー性皮膚炎の症状に関連する

過去に「アレルギー反応が先か、アトピックドライスキンが先か」という議論があったが、90年代からあったバリア機能の欠陥という考え方が今世紀に入って遺伝子レベルで証明されてきており、現在の最先端医療ではこれに倣っている。

90年代に角質層に存在するセラミドという細胞間脂質が少ないという調査報告があり、セラミドの生成に関わる遺伝子が注目された。

セラミドは顆粒細胞内で生成されるが、同じく顆粒細胞でケラチンを束ねているフィラグリンというタンパク質の欠陥が判明、原因遺伝子が06年に特定された。

顆粒細胞は代謝により表皮側にせり上がって角質細胞になるが、この際放出されるセラミド量が少ない為、角質は乾燥して隙間が出来易くなる。
この隙間から健常者ならば遮断出来る筈の異物に進入され易くなり、抗体が反応して炎症(痒み)となることが06年までに数度行われた実験によって証明されている。


個々人の体質や環境によるが8割方の患者は、繰り返される異物進入に対し、免疫系が即応体制を整えて抗体を増産、アレルギー体質化する。
またセラミドは細胞同士を接着してもいるため、角質が剥落し易く厚みのある角質層を形成出来ない。
このような薄い角質層は外部の刺激に対して敏感であり、痒みの一因になると考えられている。

顆粒層及び角質層の異常に起因するアトピックドライスキン、即ちバリア機能の欠陥という皮膚の生理学的異常の分子レベルの解明が進んでいる。


遺伝子の解析により、マスト細胞、好酸球にIgE抗体を結合させるレセプターや、サイトカインのうちアレルギーの炎症に関与するものの遺伝子が集中している遺伝子座がアレルギーと関連していることが明らかになっている。

スキンバリアの破たんがアトピー性皮膚炎を誘発することは昔から指摘されていた。中でもフィラグリン(Filaggrin)の発現不全がアトピー性皮膚炎の発症しやすさと関連するということは1980年代から指摘されていたが、実際にその遺伝子変異とアトピー性皮膚炎との関連性が遺伝子解読によって確認されたのは2006年3月のことである。

似たような遺伝子配列の繰り返しを持つ巨大な分子であるFilaggrinは遺伝子配列を読み取ることが難しかったためにそれだけ遅くなってしまった。

一方で、Filaggrinなどの分子はさておいて皮膚バリア機能の個人差について、いくつかの数値の計測による比較での相対あるいは絶対数値化が試みられていた。なかでも経皮水分蒸散量(Trans-Epidermal Water Loss; TEWL)は比較的計測しやすいことと、コントロールが取りやすいことから、性別、年齢、人種差、基礎疾患、生活状態などの様々な条件を超えて、皮膚バリア機能の評価の方法として用いられているものである。
治療の上でスキンバリアの保護を考えればどのような方法があるか考えてみよう。

皮膚表面を構成するのは表皮が作るたんぱく質、そこに蓄えられるセラミドとw水分、そして皮脂腺が作り出す脂分である。

これらは互いに補完し合ってバリアを構成し、それぞれが特異な機能を発揮することで総合的に様々な分子の侵入を防ぐ。


それを考えると、保湿だけでも、皮脂だけでも、たんぱく成分の補充だけでも不十分であり、これらを総合的に補充してやること、あるいはその患者の持ち皮膚の欠陥が明白であればその分子を補完することが理想である。

その意味では、最終的には遺伝子診断による補充療法の選択がなされるべきで、その理想に到達するにはあと10年ほどは必要ではないかと思われます。
posted by 東出孝治 at 21:58| Comment(0) | アレルギー | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

朝起きるとノドが痛い

最近、急に空気が乾燥して、朝起きると、「喉が痛い」という方が増えています。
そういう方、呼吸は鼻ですか?口ですか?
おそらく、口呼吸なはずです。
口呼吸になってしまうと、喉の粘膜にウイルスなどが付着しやすく、冷たい空気がそのまま肺へと流れます。その結果、喉が痛くなったり、肺に負担がかかってしまったりすることがあるのです。

人が快適だと感じる湿度は50〜60%(冬は20%前後)というのをご存知でしょうか。
乾燥した環境ではウイルスやホコリが空気中に浮遊しやすく、鼻や喉の粘膜も乾きやすいのです。
しっかりと乾燥対策をしてあげましょう。

反対に、鼻呼吸をしていれば、空気が乾燥しても、鼻がフィルターとなってウイルスなどをキャッチし、冷たい空気も鼻腔で温められて肺へと流れます。

起きている間は意識的に、鼻呼吸することができますし、マスクなどで防ぐこともできますが、睡眠中は無意識の状態になるため、つい口呼吸になりがちです。
そのうえ、体温が低くなるため一時的に免疫力も低下します。そのため、朝になると「喉が痛い…」ということになりやすいのです。そうならないためにも、睡眠中もしっかり湿度調節することが必要です。


乾燥対策

加湿機を使ってお部屋の湿度を上げ乾燥を防ぎましょう・・
ただ、1日中使っていると湿度が高くなりすぎて結露の原因になるので、湿度を確認しながら使ってください。

とりあえず、マスクをして寝るか、枕元に水を置いておいて目覚める度に飲むとマシだとは思います。マスクは濡れマスクみたいな物か、使い捨てマスクを二重にして間に湿らせたティッシュを挟むと効果的です。

洗濯物を室内に干すのも湿度アップ・・
これは、ホテルに泊まった際、乾燥した空気から守る方法としてよく使われる、
「ぬれたものを干す」と同じですね。部屋干しというとあまり感じはよくありませんが、
これも乾燥から喉や肌を守る方法のひとつです。

posted by 東出孝治 at 10:23| Comment(0) | 空気環境 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。