2014年04月20日

無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

主な症状
睡眠中の酸素不足による脳や身体へのダメージ
本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのもの。
その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の中の酸素が減っていきます。すると、その酸素不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。脳も身体も断続的に覚醒した状態になるので、これでは休息どころではありません。
その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

睡眠時無呼吸症候群が招く合併症
心臓病、高血圧、糖尿病など様々なリスクが増加
睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、様々な生活習慣病が合併します。
睡眠は量的にも質的にも満たされていることが望ましいのですが、SASによって適切な睡眠がとれていないと身体全体に関わる生活習慣病の発生や状態の悪化に影響を及ぼすようになります。
具体的な機序はまだ解明されていないものもありますが、特にSASによる「間欠的低酸素血症」と「睡眠の分断による交感神経の亢進」の2つが大きく関与していると考えられます。

間欠的低酸素血症
睡眠の分断による交感神経の亢進
2003年には「米国高血圧合同委員会第7次報告(JNC-7)」で、日本でも「高血圧治療ガイドライン2009」において睡眠時無呼吸が二次性高血圧の原因の一つと位置づけられました。さらに、2010年には日本循環器学会からの「循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン」が示され、循環器疾患と睡眠時無呼吸症候群(SAS)との関連が重要視されています。

知らないうちに、あなたも予備軍に!?
日本国内の睡眠時無呼吸症候群(SAS)の潜在患者数についての報告は少なく、詳細は明らかになっていませんが、治療が必要な重症度の方に限定しても300万人以上と推計されています。

しかしながら、現在欧米や日本国内でもっとも普及している治療法であるCPAP療法でも治療者数は現在わずか20数万人程度 (※1) 。
21世紀の「国民病」、あるいは「現代病」とも言われるSASですが、多くの方に見過ごされているのが現状です。
※1矢野経済研究所 在宅医療市場の現状と展望(2012年版)

現代の生活スタイルに潜む、知られざるリスク
現代病と言われる所以は、私たちの生活環境、中でも食生活の変化が関係しているため。
欧米的な高カロリー食により肥満が増えたことは周知の通りです。
加えて咀嚼回数の減少が顎の発達を妨げ、SASリスクを増大させていると考えられるのです。

はるか昔、縄文時代ではドングリや胡桃などの堅果類をはじめ、大麦や稗、あわなどの雑穀がよく食べられていました。堅い食べ物を食べるには相当の咀嚼が必要で、相応に顎も発達を遂げたと考えられます。
ところが、現代では堅い食べ物よりも軟らかい食べ物が好まれる傾向があります。ファストフードや食の欧米化などによる食の楽しみ・多様化が、一方では咀嚼回数の低下をもたらし、顎の未発達の一端を担っている可能性が考えられるのです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)にならないために

適正体重の維持
どんな病気にも共通しますが、太りすぎないことが重要です。SASは喉や首まわりの脂肪沈着がその発症に大きく関与します。今SASでなくても、顎の大きさによっては少しの体重増加がSASにつながる可能性も。
もし今太っているとしたら、適正体重を目指すよう心掛けましょう。すでに治療中の方にとっては、やせることは治療の一環になります。

お酒に注意
いつもはいびきをかかないのに、お酒を飲んだ日にはいびきをかいてしまう--そんな経験はありませんか?
アルコールによって筋肉が弛緩するためです。首や喉まわり、上気道を支える筋肉も例外ではなく、上気道が狭くなる結果、いつもはないいびきが生じるのです。
ただでさえ寝るときは筋肉が緩んでいますので、アルコールが加わればさらに無呼吸に陥るリスクを高めることになります。
定常的な寝酒などは控えるのが賢明です。

鼻症状の改善、口呼吸から鼻呼吸へ
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻症状がある場合は、本来の鼻呼吸がしにくく口呼吸になるケースがあります。口呼吸の結果、鼻呼吸のときよりも咽頭が狭くなるため上気道が閉塞しやすい状態になります。口呼吸はSAS以外にも様々な病気との関連が示唆されているので、その意味でも鼻呼吸は重要です。
口呼吸をしている方には耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

睡眠薬服用の注意
睡眠薬の多くは無呼吸症状を悪化あるいは助長させます。
自己判断での服用は避け、主治医とよく相談することが大切です。

寝姿勢の工夫
仰向けで寝るよりも、横向きで寝ると上気道の閉塞を軽減できる場合があります。
抱き枕などを使って横向きで寝られる工夫をしてみるのも良いでしょう。

多くの場合、SAS治療とは長い付き合いになります。
だからこそ、治療を始める前に自分のSASの重症度をきちんと把握しておくこと、治療の意義を十分に主治医と話し合っておくことが大切です。ご家族やベッドパートナーの理解も心強いでしょう。

治療について

治療方法には、症状を緩和させるもの(対症療法)と、根本的にSASの原因を取り除くもの(根治療法)とがあり、いずれも個々の患者さんの状態に合わせて最適な治療方法が選択されます。一概にどの治療方法が優れているということはなく、重症度や原因に応じた治療方法が適用されます。

CPAP療法
欧米や日本国内でもっとも普及している治療方法
「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」と呼ばれます。
閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。

CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。
CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

「鼻にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかも知れませんが、医療機関で適切に設定された機器を使い、鼻マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイントです。そのため、医療機関に一泊入院して治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)場合もあります。治療は毎日のことなので、使い方でわからないことがあればコツをつかめるようになるまで主治医や医療機関のスタッフに相談してみると良いでしょう。

マウスピース
睡眠時無呼吸症候群(SAS)を歯科装具(マウスピース)で治療するケースもあります。スリープスプリントとも言われています。下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。
作製は、SASについての知識があり、マウスピースや口腔内装置を作り慣れている専門の歯科医にお願いするのが良いでしょう。

マウスピースをつけて寝るだけ、と思うと手軽に思えるかも知れませんが、必ずしも全ての症例に効果的な治療方法というわけではありません。中等症までの閉塞性睡眠時無呼吸タイプに対しては比較的効果が見られやすい一方で、重症の方の場合には治療効果が不十分とされる報告もあります。重症度をきちんと把握し、主治医とよく相談した上で治療を始めるのが良いでしょう。保険診療の適用になるかどうかは歯科医にご相談下さい。

外科的手術
小児の多くや成人の一部で、SASの原因がアデノイドや扁桃肥大などの場合は、摘出手術が有効な場合があります。
UPPPという軟口蓋(のどちんこ)の一部を切除する手術法もありますが、治療効果が不十分であったり、数年後に手術をした部位が瘢痕化してSASが再発することが少なくありません。
また、米国では狭い上気道を広げる目的で上顎や下顎を広げる手術も行われていますが、日本でこの手術を行える医療施設は限られています。
posted by 東出孝治 at 18:02| Comment(0) | 睡眠 | 更新情報をチェックする

糖尿病

『糖尿病』は、日本において成人の5人〜6人に一人はその患者、あるいはその予備軍であり、「現代の国民病」とまで呼ばれるほどになってしまった生活習慣病の代表格です。
血糖値が高いといった以外とくに自覚症状もなく静かに進行し、やがて恐ろしい合併症が現れた時には手の施しようがなくなっているほど悪化しているという怖い病気でもあります。 『糖尿病』は、その名前から「甘いものの食べ過ぎによる過剰な糖分が尿に出る病気」と思われがちですが、糖分は甘いものばかりでなく、主食であるご飯やパンなどの炭水化物が体内で分解されてつくられます。

血液中のブドウ糖(血糖)は、細胞が活動するためのもっとも重要なエネルギー源で、血液によってすべての細胞に運ばれています。
血液中の糖濃度は、膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌される『インスリン』という血糖を下げるホルモンと、α細胞から分泌される『グルカゴン』という血糖を高めるホルモンの分泌量が自律神経によってコントロールされ、ある一定範囲内になるよう保たれています。

なぜ、血液中の糖濃度が高くなってしまうのでしょう?

食事をした時などは、小腸から吸収された糖分によって血糖濃度が一時的に高くなります。
すると、膵臓から『インスリン』が大量に分泌され、細胞膜にあるインスリン受容体を刺激することにより、細胞内への血糖の吸収が促されミトコンドリアに貯蔵されるとともに、肝臓では余分なブドウ糖がグリコーゲンとして蓄えられ血糖濃度は下降します。
逆に、血糖濃度が低下し過ぎた時は『グルカゴン』が分泌され、肝臓にてグリコーゲンが分解されてつくられたブドウ糖が、血液中に放出されることで血糖濃度は上昇します。このようにして血液中の糖濃度はある範囲内に収まるようにコントロールされています。

ところが、この『インスリン』が充分に分泌されない。あるいは、インスリンがうまく機能しないなどの原因によって、血液中の糖濃度が低下せず、常に高血糖状態が続くと『糖尿病 (高血糖症)』になってしまいます。

『糖尿病 (高血糖症)』は、その発症原因に応じて次の2つに分類されています。
I 型(旧:インスリン依存型)糖尿病
膵臓のインスリン分泌機能の損傷に原因がある。
インスリンを分泌する膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞が、免疫細胞が出す活性酸素によって破壊され、インスリンがほとんど分泌されなくなる自己免疫疾患の糖尿病。
毎日、インスリン注射によるインスリンの補給を行わなければならなかったので、
以前は『インスリン依存型糖尿病』と呼ばれていました。

II 型(旧:インスリン非依存型)糖尿病
インスリンの働きや細胞のブドウ糖吸収機能の低下に原因がある。
2型糖尿病は、インスリンは分泌されているにもかかわらず、血糖値が高い症状をいい、
以下のような様々な原因が考えられます。
「インスリン分泌低下」 − インスリンの分泌が遅れる、あるいは、分泌量が不足する糖尿病。
− 加齢にともなう膵臓の機能低下
− 過食による膵臓の疲弊
− 食事の欧米化による相対的なインスリンの分泌不足
「インスリン抵抗性」 − インスリンが分泌されていても細胞への血糖の取り込みが行われず、血液中の糖濃度が下がらない糖尿病
− 過食によってインスリンが過剰に分泌されつづけその効果が薄らいでいる。
− 運動不足によって、細胞内脂肪が増え細胞が糖分の取り込みをしない。
− 細胞が活性酸素による酸化損傷を受け、インスリン受容体やミトコンドリアが正常に機能しない。
− 内臓脂肪からの阻害物質(遊離脂肪酸)が、インスリンの働きを阻害する。
発症初期は、インスリン注射に依存しなくとも、日常の食事療法や運動療法などによってある程度の改善が可能であったため、以前は『インスリン非依存型』と呼ばれていました。
日本人の糖尿病の95パーセント以上は、II 型糖尿病であり、中でも「インスリン抵抗性」の糖尿病が最も多く、その原因は高脂血症などと同じく、栄養過多、肥満、運動不足、ストレスだと言われています。

なぜ、血糖濃度が高いと、身体に良くないのでしょう?

その答えは、血糖濃度が高いと、
1.血液中の血球や酵素・ホルモンに糖がへばりつき、血液内成分の凝集が起こり充分な働きができなくなるとともに、血液の粘性が高まり血行障害が起こる。

2.血管壁が傷つけられ、身体全体いたるところに張り巡らされた毛細血管が破壊される。

3.つけられた血管壁から動脈硬化が進行し始める。
過剰な糖質によって血管壁が傷つけられます。すると白血球の一種であるマクロファージが傷ついた血管壁から血管壁内部に侵入します。これがアテローム動脈硬化の引き金となり、やがて脆くなった血管壁が破れ、血栓が出来て血行障害が起こります。
以上のような血管と血液の劣化から、体内環境がどんどん悪くなる悪循環が起こり始めます。

以上のような血管と血液の劣化から、体内環境がどんどん悪くなる悪循環が起こり始めます。
すると、すべての細胞が徐々に疲弊し、最終的に組織(臓器)レベルの障害に発展して、様々な合併症を発病するということが大きな問題となります。
具体的には、糖尿病が進行するに従って以下のような症状が出るようになってきます。
体のだるさ −− 細胞内への充分な糖の吸収が行われず、細胞のエネルギー源であるATPを充分につくれなくなり、エネルギー代謝能が低下して細胞の活力が失われる。
のどの渇き・多飲 −− 高血糖のために血液の浸透圧が高くなり、それを是正するために細胞内の水分が血液中に奪われ、細胞が脱水状態になり水分を求める。
多尿・頻尿 −− 血液中の余分な糖分を尿とともに排泄して、血液の浸透圧を正常にしようとする。
体重減少 −− 糖分に代わる活動エネルギーとして、脂質・たんぱく質などの体構成組織までもエネルギー源として使われるため。
全身の抵抗力低下 −− 血液中のあらゆる血球や酵素・ホルモンなどに余分な糖が付着してそれらの活動が阻害され、身体の調節機能が正常に働かなくなるとともに、免疫力が弱まり感染症にかかりやすくなる。
さらに進行すると、全身の毛細血管や末梢神経に障害が起こり始め、血液が送られなくなった細胞は徐々に死滅していくことで、とても恐ろしい「糖尿病性抹消血管障害」が起こってきます。


近年、糖尿病性腎症から人工透析が必要になる人が増えています。
人工透析器は、人工の血液ろ過器ですが、腎臓の機能を完全に再現できるほど精密なものではありません。そのため、人工透析が必要になるほど腎機能が低下すると、血液の充分な浄化は行われないばかりか、尿の生成に障害が発生し血液浄化に必要となる水分の補給も控えなければならなくなります。
すると、血液循環はさらに悪くなり、体内から排出されない老廃物や毒素が全身にどんどんと蓄積され、日を追うごとに体力は失われ体調が悪化していく悪循環を断ち切ることは困難になります。そして最後は...となる前に何らかの対策をとることがとても重要です。

糖尿病治療の問題点

慢性疾患とも言える糖尿病は、現代の医療では確かな治療法は確立されていません。
『糖尿病 (高血糖症)』は、自覚症状もなく進行しやがて恐ろしい合併症を引き起こしてしまうのですが、普段から『糖尿病 (高血糖症)』にならない、あるいは、初期の段階で症状の進行を抑えるための予防法は、高脂血症などと同様に生活習慣を改善し、食事療法によって摂取エネルギー、特に炭水化物などの糖質の摂取を控え、運動療法によって消費エネルギーを増やし、細胞内脂肪を消費してインスリンの効果を高め糖代謝を正常に戻すことが必要になります。

食事療法 − 糖分、炭水化物(パン、ご飯、芋類)など体内でブドウ糖となる食品の摂取を控え、
摂取エネルギー量を抑制する。
運動療法 − 少し汗ばむ程度の運動を週3回以上行い、血液循環を良くするとともに、消費エネルギーを増やして体内の糖代謝を促す。
しかし、『糖尿病予備軍』と言われるような初期の段階では、ほとんど自覚症状はなく、また普段の生活そのものにはあまり支障が出ないので軽く見過ごしてしまい、つい食事や運動に気を使わずに過ごしてしまうことが多くなります。

そして、自覚症状があらわれ始め糖尿病と診断されてから、いざ運動を始めようとしても、血液の循環は悪く、酸素不足や糖質代謝不良から非常に疲れやすく、ついつい運動を続けるのが嫌になってしまう方が多くおらるのが現実です。

さらに症状がひどくなると、細胞への糖の吸収を促すホルモンであるインスリン注射をする。あるいは、膵臓からのインスリンの分泌を促す経口血糖降下剤や血糖のもととなる炭水化物の分解を抑制する内服剤などを用いて血糖濃度の上昇を抑えるという薬剤療法がとられることになります。

しかし、糖尿病の原因は、インスリンを分泌する膵臓、あるいは、インスリンの働きやインスリンの刺激を受ける細胞にあるため、いくらインスリンの量を増やしたり、糖の吸収を抑えたりして一時的に血糖値を下げても、損傷を受けた膵臓や血管、細胞が修復されるわけではなく、糖尿病そのものを治療する恒久的な処方にはなりません。

また、ほとんどの糖尿病患者の原因となっているインスリン抵抗性による糖尿病(高血糖症)の場合、血糖値が高くなる原因は、インスリンの分泌量にあるのではなくインスリンの働きやインスリンを細胞まで運搬する血液、そして血糖を取り込む側の細胞にあります。
つまり、血液中のインスリン量を増やしたとしても、血液がドロドロでインスリンの働きが悪い状態のままでは、毛細血管を通り抜けて、身体の隅々にある細胞までインスリンが行き渡るのか?
仮に行き渡ったとしても、インスリンは有効に働き機能するのか? 
細胞のインスリン受容体やミトコンドリアは正常に機能するのか?
など多くの疑問が残り、効果の面でも個人差が大きくなります。

それ故、糖尿病治療は、毎日の食事療法や運動療法、あるいは薬物療法など血糖値を気にしながら終生つづく厄介なものであり、油断していると糖尿病性腎症をはじめとする多くの恐ろしい合併症を発症するまで進行してしまうというのが糖尿病治療の現実です。


生活習慣により糖尿病は以前、インスリン濃度の減少が原因で血糖値が下がらなくなると考えられてきました。通常血糖値を下げようと膵臓の細胞がインスリンを放出する。しかし甘いものをたびたび食べて血糖値が頻繁に上がると、細胞が疲れてインスリンを放出できなくなって血糖値が下がらなくなると言う説です。
しかし現在はこの説は否定され、「インスリンを放出できなくなるのではなく、インスリンの信号を受けてもブドウ糖が血中から細胞に取り込まれなくなることが原因だとわかってきました。

糖尿病U型はインスリンは出てはいるが、細胞表面のホルモン受容体(レセプター)の機能が損なわれている為に糖が入らない症状が、糖尿の95%をしめています。この受容体(受け口)が糖鎖です。 血糖値の調節(食事、運動)も大事ですが、いかに細胞本来の活動を元に戻して細胞内に糖を入れるかと言う事が、根本的な病状の改善になる重要な事なのです。



posted by 東出孝治 at 17:26| Comment(0) | 自己免疫疾患 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。