2011年11月13日

朝起きるとノドが痛い

最近、急に空気が乾燥して、朝起きると、「喉が痛い」という方が増えています。
そういう方、呼吸は鼻ですか?口ですか?
おそらく、口呼吸なはずです。
口呼吸になってしまうと、喉の粘膜にウイルスなどが付着しやすく、冷たい空気がそのまま肺へと流れます。その結果、喉が痛くなったり、肺に負担がかかってしまったりすることがあるのです。

人が快適だと感じる湿度は50〜60%(冬は20%前後)というのをご存知でしょうか。
乾燥した環境ではウイルスやホコリが空気中に浮遊しやすく、鼻や喉の粘膜も乾きやすいのです。
しっかりと乾燥対策をしてあげましょう。

反対に、鼻呼吸をしていれば、空気が乾燥しても、鼻がフィルターとなってウイルスなどをキャッチし、冷たい空気も鼻腔で温められて肺へと流れます。

起きている間は意識的に、鼻呼吸することができますし、マスクなどで防ぐこともできますが、睡眠中は無意識の状態になるため、つい口呼吸になりがちです。
そのうえ、体温が低くなるため一時的に免疫力も低下します。そのため、朝になると「喉が痛い…」ということになりやすいのです。そうならないためにも、睡眠中もしっかり湿度調節することが必要です。


乾燥対策

加湿機を使ってお部屋の湿度を上げ乾燥を防ぎましょう・・
ただ、1日中使っていると湿度が高くなりすぎて結露の原因になるので、湿度を確認しながら使ってください。

とりあえず、マスクをして寝るか、枕元に水を置いておいて目覚める度に飲むとマシだとは思います。マスクは濡れマスクみたいな物か、使い捨てマスクを二重にして間に湿らせたティッシュを挟むと効果的です。

洗濯物を室内に干すのも湿度アップ・・
これは、ホテルに泊まった際、乾燥した空気から守る方法としてよく使われる、
「ぬれたものを干す」と同じですね。部屋干しというとあまり感じはよくありませんが、
これも乾燥から喉や肌を守る方法のひとつです。

【関連する記事】
posted by 東出孝治 at 10:23| Comment(0) | 空気環境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。